top of page

NBR

エヌ・ビー・アール

ネガティブ・ブランチ・リザベーション(NBR)は、TOCの知識体系の中で、主に思考プロセスに用いられる概念である。

 

NBRは(多くの場合、問題解決のための)提案に対して論理的な分析を行う場面で使われ、提案されたアイデアを実行すると生じる可能性があるネガティブな結果(懸念)を指す。NBRを特定する目的は、提案を実行すると起こりうる問題やリスクに前もって対処することで、提案を計画段階から綿密で確固たるものにするためである。

 

提案内容を実行することと、そこから生じうる望ましくない現象の間の因果関係を検証する必要がある。NBRを言語化すると、変化によって生じうる影響をより深く理解でき、さらに効果的な意思決定につなげることができる。NBR言語化の次のステップは、望ましくないことが起きないように提案内容に修正を加えることである。そうすることで、提案内容がもたらしうるマイナスの影響(副作用)を未然に防ぐのである。NBRを検証することによって、戦略を練り直し、不測の事態に備え、TOCの知識体系にあるソリューションの効果を最大限にすることができる。

bottom of page