top of page

戦略と戦術のツリー (S&T Tree)

せんりゃくとせんじゅつのつりー(えすあんどてぃーつりー)

戦略と戦術(S&T)ツリーは、制約理論(TOC)の手法で使用されるツールで、組織のビジョンとミッションを達成するための効果的な戦略と戦術を開発するのに役立ちます。これは、行動や意思決定を全体的な戦略目標に合わせるための構造化されたアプローチを提供します。

 

S&Tツリーは、全体的な戦略目標や目的から始まり、それを目的・戦略・戦術のいくつかの下位レベルに分解します。各段階は、全体的な目標の特定の要素や側面を表し、戦略や戦術はそれらの上位の目的を支援し、貢献するように設計されています。

 

S&Tツリーの各段階には5つの文が含まれています:

 

戦略の前提(必要仮定とも呼ばれる)

この文は、なぜその段階で述べられた戦略を達成しなければならないのかを説明します。

戦略

この文は、その段階の目的を説明します。何を達成しようとしているのかを示します。

戦術の前提(並行仮定とも呼ばれる)

この文は、その段階で述べられた戦術を選択した理由を説明します。

戦術

この文は、戦略を達成するための具体的な行動を説明します。

次のレベルの前提(十分仮定とも呼ばれる)

この文は、さらなる詳細が必要な理由を説明し、下位の詳細レベルが必要なことを示します。


S&Tツリーを使うことで、組織は全体的な目標を達成するために必要な戦略と戦術を体系的に分析し、優先順位付けすることができます。これにより、行動や意思決定が組織の戦略的目標と直接合致し、リソースが効果的に活用されることが保証されます。

bottom of page