top of page

Viable Vision (VV)

ばいあぶるびじょん(ぶいぶい)

"バイアブル・ビジョン(Viable Vision)"は、TOCの創始者であるEliyahu M. Goldratt博士によって造られた用語で、組織の重要なパフォーマンス向上を達成するための強力な概念を指します。

 

バイアブル・ビジョンは、財務面と運用面の両方を含む、説得力のあるかつ達成可能な企業の将来の状態を示します。一見すると達成が難しいような具体的なターゲットや目標を設定しますが、達成されることで組織のパフォーマンスに大きな変革をもたらします。

 

バイアブル・ビジョンの重要な特性は、既存の状況に挑戦し、通常考えられる範囲を超えることです。漸進的な改善を超え、組織を革新するための画期的な変化に焦点を当てます。

 

営利組織でバイアブル・ビジョンを達成するためには、いくつかの要件があります:

 

スループット(収益の速度)が、運営費よりもはるかに速く成長する必要があります。

企業のリソースを枯渇させないこと、またはリスクを高すぎるまで取らないこと。

以前には不可能であり、かつ重要な競合他社が提供できないような顧客の重要なニーズを満たす能力(卓越した価値を提供することで決定的な競争上の優位性を得る)。

バイアブル・ビジョンのプロセスには3つのフェーズがあります:

 

卓越した価値を提供するための能力を構築する。

卓越した価値を提供するための能力を活用する。

卓越した価値を提供するための能力を持続させる。

バイアブル・ビジョンを開発し実行するプロセスには、目標の設定、現状の分析、制約の特定と解決、さまざまな機能での必要な変更の定義、ビジョン達成のための必要なアクションの実施が含まれます。通常は、現在の市場と製品の基本的な成長から始まります(拡大する前に活用する)、同時に次の成長へのジャンプを実現するための能力を開発します(増強された成長)。

 

バイアブル・ビジョンを定義し追求することで、組織は大幅な改善を遂げ、制限を克服し、以前には考えられなかったような顕著な結果を得ることができます。

bottom of page